独身社会人が猫を飼うべき6つの理由

独身社会人が猫を飼うべき6つの理由

こんにちは、やまぱんです。この猫は愛猫のポレンです。
独身社会人が猫を飼うべき理由について述べたいと思います。
では早速いってみましょう。

寂しさが和らぐ

男性の男性による男性のための離婚・夫婦問題相談(http://www.nakamori-houmu.jp/)の「離婚した男性は短命化する!? 」という記事によれば

男性の40歳時点での平均余命は

・配偶者がいる場合    ・・・    39.6年
・未婚者         ・・・    30.42年
・配偶者と死別し1人の場合・・・    34.95年
・配偶者と離婚し1人の場合・・・    28.72年

一方、女性の40歳時点での平均余命は

・配偶者がいる場合    ・・・    45.28年
・未婚者        ・・・  37.18年
・配偶者と死別     ・・・     43.32年
・配偶者と離婚     ・・・  40.49年

男性の場合、「配偶者がいる場合」と「配偶者と離婚した場合」では、10年近く寿命が短くなっています。
女性の場合、「配偶者がいる場合」と「配偶者と離婚した場合」では5年程度の差にとどまっています。つまり男性のほうが女性に比べ寂しさに弱いのでは、と考えることができます。
猫を飼うことで寂しさを埋めることができるのではないでしょうか。

独身男性(未婚者)は離婚し独身のパターンの次に最も平均余命が短いです。
長生きするためには独身男性には猫がおすすです。
また女性の中では未婚女性の平均余命が最も短いので、猫がおすすめです。

つまるところ、平均余命を伸ばすためにも独身社会人には猫がおすすめです。

生き甲斐ができる

既婚者や妻帯者の場合、守るべきものがあり、それが生きがいとなり、
仕事を続ける意味につながる方も多いと思います。
しかし、独身男性の場合はそういうものがありません。

猫を飼うことによって守るべきものができ、生活に活力が出てきます。

猫は裏切らない

人間とは全く異なり猫は裏切りません
ちょっと拗ねてもすぐ元通り、近寄ってくるようになります。
過去の数多の人間による裏切り行為によって傷ついた心癒してくれます。

猫はもふもふしてる

もふもふは最強です。疲れて帰ってきたとき、朝眠いとき、無駄に奢ってしまったとき、もふもふに触れてみてください。寝るときベッドにすり寄ってくるしぐさはかわいい以外の何物でもありません。
幸せ以外の感情がなくなります。

異性との鉄板ネタになる

「独身で猫を飼うとか、終わりやん(笑)」
なんてことをよく聞きますが、そんなことはありません。
なにが終わりなのでしょうか、むしろ始まりです。
猫を飼っているという事で異性との会話の鉄板ネタが1つ増えます。
猫好きな方だったら話が弾むこと間違いありません。

こまめに掃除するようになる

部屋の中を隅々まで移動するので、小さいごみを吸い込まないように、落ちた毛をとるために掃除する頻度が上がります。
潔癖症の人がたまに動物を嫌がる人がいますが、私の場合、猫を飼うことで逆に週1~2回の掃除機だったのが、週4~5回になり、猫を飼うことで逆に部屋の中が清潔な状態になりました
独身社会人一人暮らしでは週1回程度の掃除機がけの方がおおいのではないでしょうか。

 

まとめ

独身男性が猫を飼うメリットについてまとめてみました。
いかがでしたか、意外とメリットってあると思いませんか?
もちろん、飼うにあたっては多少のコストはかかるし、責任を持って飼うことが必要ですが、それ以上に得られるものが多いのではないでしょうか。
さあ、もふもふ猫ライフを始めてみませんか。

寄付のお願い

当ブログを応援していただける方は、300円(一口)の寄付をお願いします。
カード対応。※現状は赤字運用しています。
※JCB非対応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

やまぱん

外資IT勤務。20代。
ベンガル猫とITが好きなサラリーマン。
公式LINE@:主にブログの更新を伝えます。簡単な相談なども受け付けます。お気軽にどうぞ。
https://lin.ee/6IxCQGO