日本2位の高さからバンジージャンプしてきた話。

こんにちはやまぱんです。今回、日本2位の高さのバンジージャンプを経験してきました。
所要時間は受付からバンジー終了までで45分程度で1万以上かかりましたが、最高の経験ができました。

日本2位の高さからバンジージャンプしてきた話。

バンジージャンプとは

下記、Wikipediaからの引用です。

バンジージャンプは、高層ビルや橋の上などといった高い場所から命綱一本で飛び降り、そのフォームの美しさなどを競う競技、またはアトラクション。-Wikipediaより引用

 競技としてのバンジージャンプもあるみたいです。

BUNGY JAPAN 猿ケ京バンジー

 今回行き先を選ぶにあたり、「1.関東圏であること」に加えて、読売ランドマザー牧場の20メートル程度のお手頃なものもじゃなくて、「2.本格的なバンジーができること」この2点を条件にして探しました。その結果、下の3つが候補に挙がりました。

  高さ 場所 参加費 参考リンク
竜神バンジー

100m
(日本No.1) 

〒313-0351 茨城県 常陸太田市 天下野町2133-6 

16,000¥ http://www.bungyjapan.com/ryujin/
 猿ケ京バンジー 62m
(日本No.2) 
〒379-1404 群馬県利根郡みなかみ町相俣1731 11,000¥ http://www.bungyjapan.com/sarugakyo/
みなかみバンジー 42m 〒379-1612群馬県利根郡みなかみ町小日向143 9,000¥ http://www.bungyjapan.com/minakami/

竜神バンジー、高さもさることながら参加費もダントツです。今回は16,000¥は高いなということでまず候補から外しました。残る2つですが、どちらも群馬県のみなかみ町にあり料金も2,000¥しか変わらないので猿ヶ京にしようという事で猿ヶ京バンジーに決定しました。2位じゃダメなんですか!?いいえ、結構です。

アクセス  〒379-1404 群馬県利根郡みなかみ町相俣1731
注意:カーナビ、GoogleMapで示されるところまでだと目的地に到着しません。
上記住所で到着したところから上のへ向かい細い道(傾斜が40°ぐらいあります)があるのでそこを上っていくと駐車場があってバンジーの受付小屋があります。

 

受付

受付を済ませて健康状態の確認、同意書への署名、体重チェックを済まします。一緒に行ったメンバーに体重がバレますので、ばれてもいいメンバーで行きましょう。

同意書ですが、なんか少し怪しい、幼稚?ネタ?的な文章です。

このアクティビティを行うと決心したことは私がヒーローである、ということの証明でもあります。

参加同意書

要するに、言いたいことは”万が一、事故が起こっても弊社には損害賠償請求はしないでください”という事だと理解したので、署名しました。

ちなみに、受付のお姉さんが鳥居みゆき似の色白なお姉さんでした。

ジャンプ

 受付を済ましジャンプ台に向かいます。綺麗景色です。余裕があったんですが、下を見ながら近づくと少しビビッてきました。

 

飛び込み台に到着すると、アップテンポな洋楽が流れてて20~30代ぐらいのアメリカ人っぽいスタッフの方が命綱を付けてくれます。

命綱を付け終わると飛び込み台のから足を半分だけだして、下を覗き込んで”5,34,3,2,1,バンジー!”の掛け声で飛び込みます。

いざ半歩足を出して下を覗き込むと足がすくみます。

 

いざジャンプ!


画像はバンジージャパンさんのHPより引用。

もう絶叫、絶叫、絶叫、、、、いや悶絶に近い感じかも。最高でした。

自由落下して一回目の張力がかかるまでがめちゃくちゃ怖いです。
本当に命綱が機能してるのか、全部他人任せで落ちてみるまでわからないので、すごく怖かったです。
5~6回の上下運動の後上に引き上げられて終わりです。ちなみにここなら仮に落ちても下が水なので命にかかわるようなことはなさそうです。

ジャンプ後

ジャンプが終わるの認定書がもらえます。またバンジージャパンのバンジー施設で割引が受けられるようです。チャレンジ精神の大きな一歩を讃えれ、認定されました。

所要時間:受付からバンジー終了までで45分程度でした。

貸し切り露天風呂

ここみなかみ町周辺はちょっとした温泉街なので、せっかくなので温泉にも行ってきました。

それについてはこちらの記事:貸切露天風呂に行ってきた話。

あとがき

ちょっと調べてみるとバンジーの事故が時々起こっていて、死亡事故では無いですが、ここでも以前あったようでした。 参考ブログ:バンジージャンプのワイヤーが切れた!事故は死亡も含め日本で4件目

いかがでしたでしょうか。みなさんもバンジージャンプやってみませんか。
チャレンジ精神の大きな一歩を踏み出して、ヒーローになってみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です