転職日記#1—転職サイトに登録しました。—

こんにちは、やまぱんです。

私事ですが、今年はゆるーく転職活動としようかと思っています。

転職活動を始めたワケ

今すぐ辞めたいわけじゃないし、辞めるかも決めていないけど、次のような理由で始めることにしました。

・これからの社内のポジションについて考えたとき、私の所属する部署はいい処遇を受けられそうにない。(社内政治的な意味で)

・給与が安い割に仕事がきつい(つまらない、予定が組めない、そこそこの残業、頭の悪い人と関わるなど)、同じようにきつくても、もっと給与が欲しいし、なるべくストレスが少ない環境で働きたい。

・ワークライフバランスのとれたロールモデルとなる先輩がいない。(働きすぎ)

・おまけに、昇給も若手は緩やかで残業頼みで頑張りがいが無い。(30半ば~後半で1000万超程度)実際に今年の年収は残業が減ったおかげで去年より下がりました。

・いきたい会社があるので、受けてみたい。(主に外資系企業)

・仕事に飽きてきた。

 

登録した転職サイト

今回転職(系の)サイトに登録を始めました。登録するので1サイト30分弱かかるのでまだ、すべて登録したわけではないですが。(近々するつもりです。)メールきまくることが予想されるので極力メールの案内はオフにして登録します。

—————————————–

済・CAREER CARVER(キャリアカーバー)
済・ビズリーチ
済・LinkedLln
済・アクシスコンサルティング
済・wantedly
・Doda
・リクルート
・マイナビ
・ambi
・mynavi
・@type転職

—————————————–

おすすめのサイトございましたら教えてください。

今後、半年~1年間かけてできる限りすべてのサイトについて、簡単にレビューをしていきます。

追記

結局【済】の企業のみしか登録していませんが、転職エージェントからすごくメールが来ます。

緩く始めたい方は、BIZ REACHとLinkedInがお勧めです。

私の場合だとLinkedInは英語で書いておくと外資系企業の企業から直接メッセージが届きました。BIZREACHはとにかく多くの転職エージェントからメールがくるので気になるエージェントに返信してみるといいと思います。詳細については次の記事で書きたいと思います。

この2社だけでも十分転職市場における自分の立ち位置を知ることができました。

しばらく転職エージェントと話してみた結果転職市場において感じたことは、TOEIC800クラスは転職市場において非常に強い肩書で有ること、IT系人材は大変需要があること、なかでも機械学習系の人材は最近のトレンドで各社とも募集を強化しており、実務経験が無くても就職可能(そもそも実務経験をもっている人が少ない)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です